埼玉県川口市大字里372 
メディカルガーデン川口2F
048-290-8150
Web
予約

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアについて

鼠径ヘルニア

鼠経ヘルニアは、太ももの付け根にある腹壁の開口部から腸の一部などがとび出してくる病気です。立ち上がると下腹部や陰嚢などが膨隆し、仰向けに寝るとこと膨隆がなくなることが特徴です。通常、痛みなどは起こりません。生まれながらにヘルニアを持っている幼少時のヘルニアと、加齢性の変化である高齢者のヘルニアは基本的には違う病態のため、治療法が異なります。

このような症状の方は
ご受診ください

  • 太ももの内側が膨らんでいる、寝ると膨らみがなくなる
  • 鼠経部に重苦しい感じがある
  • 下腹部に鈍痛がある
  • 吐き気をもよおすことがある
  • ヘルニアのサイズが次第に大きくなってきた

嵌頓には要注意

鼠径ヘルニアになったとしても、指で押せばすぐに戻る状態のときは大きな支障は生じません。しかし、飛び出した腸が元に戻らなくなる「嵌頓:かんとん」という病態は、腸管の血流が滞り、場合によっては腸管が壊死していきます。強い痛みが生じ、場合によっては命のかかわる病態ですので、このような状態にならないよう、お早めに医療機関を受診しましょう。

鼠径ヘルニアの
治療について

鼠径ヘルニアは、放置していても自然に治ることはありません。このため、手術によって対応いたします。手術は、人工膜であるメッシュを患部に押し当て、ヘルニアが起こらないようにする修復法です。実際の修復法には幾つかあり、それぞれ一長一短ありますので、担当医と十分に話し合ったうえで、選択してください。私の前任の病院は、数少ないヘルニア専門外来を有するヘルニア専門病院であるため、紹介いたします。

≫ 鼠径ヘルニア外来 | 彩の国東大宮メディカルセンター

診療時間
休診日:日曜日・祝日・水曜日午後・土曜日午後
診療時間は診察受付の終了時間です。
8:30~9:00まで、14:30~15:00までは、内視鏡・処置外来の時間 となります。
診療時間 日祝
9:00~12:00
(受付8:30~
12:00)
15:00~18:00
(受付14:30~
18:00)
院長名
矢島 和人
診療科目
内科 消化器内科 外科 整形外科 
リハビリテーション科
住所
〒334-0005
埼玉県川口市大字里372 
メディカルガーデン川口2F
最寄駅
埼玉高速鉄道「鳩ケ谷」駅
電話番号
048-290-8150
Web予約
イラストマップ
Page top