埼玉県川口市大字里372 
メディカルガーデン川口2F
048-290-8150
Web
予約

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨の中に含まれているカルシウムの量(骨量)が減少し、骨がスカスカになって脆くなる疾患です。骨の丈夫な健康な人の場合、突発的に無理な体勢をとったり転んだりしても、骨折することは少ないです。しかし、骨粗しょう症になると、わずかな衝撃でも骨折をきたしやすくなります。また、テレビのCMなどでも放映していますが、ちょっとした段差でつまづいただけで、いつの間にか骨折といわれる脊椎の骨折(腰椎圧迫骨折)などもおこることがあります。

骨量は20歳頃をピークとして、年を重ねるとともに減少していきます。女性の場合、閉経後は骨量が減少するスピードが加速します。この骨量が減少をきたすことによって骨粗しょう症といわれる状態になり、病的な骨折を引き起こします.なかでも足の付け根の骨を骨折(大腿骨頸部骨折)したりすると、体を支える働きが損なわれてしまうため、寝たきり状態や要介護状態にもなりかねません。

女性は50歳になる前に検査を

高齢の女性を中心に、骨粗しょう症は年々増加の一途をたどっています。特に、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下する更年期以降に多く見られます。エストロゲンには骨の新陳代謝に際して骨吸収を緩やかにし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。閉経して、このエストロゲンの分泌量が減少してくると、骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追いつかず、骨がもろくなってしまうのです。女性の方は、閉経を迎える50歳前後から骨量は急激に減少し始めるので、50歳になる前に一度は骨粗しょう症の精密検査を受けるよう、お勧めいたします。

骨粗しょう症の
主な予防・治療法

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

食事療法

骨粗しょう症の治療にあたっては、まず食事の見直しが重要です。骨の形成などで重要な栄養素は、骨の主成分であるカルシウム、たんぱく質、および骨のリモデリングに必要なビタミンD・Kなどです。カルシウムは食品として700~800mg/日、ビタミンDは400~800IU/日、ビタミンKは250~300μg/日を摂取することが推奨されています。これらの栄養素を積極的に摂りながら、しかもバランスの良い食生活を送ることが大切です。

運動療法

適度な運動は、骨を丈夫にします。体の状態に見合った負荷をかけることによって筋肉も鍛えられ、体をしっかりと支持したり、バランス感覚を整えたり、ふらつきを減らして転倒を防止する効果も認められます。そのため、運動療法は骨粗しょう症の治療に欠かせません。とくに、筋力強化は骨に刺激を与えて骨塩量を増加させることが知られています.筋トレ、ウォーキングやジョギング、エアロビクスなど、中程度の強度の運動が特に効果的です。散歩くらいの負荷でも有効なので、可能なら毎日、少し厳しいと思われる方は週に数回程度から始めてみてください。

薬物療法

骨粗しょう症の病態が進んだケースや実際に病的骨折を起こしてしまった場合では、食事療法や運動療法だけで骨折リスクを抑えるのは難しくなるので、薬物療法を開始します。現在使われている薬には、骨の吸収を抑える骨吸収抑制薬、骨の形成を助ける骨形成促進剤、腸管からのカルシウムの吸収を促進して体内のカルシウム量を増やす薬などがあります。また、腰や背中などに痛みがある場合は、痛みを除去する薬も用いられます。どんな薬を選び、いつから治療を開始するかについては、個々の患者様の年齢や症状の進み具合などを考え合わせながら、医師が判断します。

診療時間
休診日:日曜日・祝日・水曜日午後・土曜日午後
診療時間は診察受付の終了時間です。
8:30~9:00まで、14:30~15:00までは、内視鏡・処置外来の時間 となります。
診療時間 日祝
9:00~12:00
(受付8:30~
12:00)
15:00~18:00
(受付14:30~
18:00)
院長名
矢島 和人
診療科目
内科 消化器内科 外科 整形外科 
リハビリテーション科
住所
〒334-0005
埼玉県川口市大字里372 
メディカルガーデン川口2F
最寄駅
埼玉高速鉄道「鳩ケ谷」駅
電話番号
048-290-8150
Web予約
イラストマップ
Page top